ウェブデザインで縦書きが流行らないのは、理にかなわないからだ

ことオウンドメディア、ポータルサイト、それらに類する媒体は、デザインがほぼ定型化されている。縦書きのオウンドメディアなど見た試しがない。

縦書きサイトでは、横文字(ローマ字や数字など)の表示がキマらないのが敬遠される大きな理由だろう。

また縦書きサイトは、一瞥して入ってくる情報量が少ない。
読もうと恣意して、はじめて情報が入ってくるほどである。
一方、横書きサイトは直感的に総合的な情報が多く入ってきやすいし、広告もツゥカラムの上部などにキマりやすい。

こうして考えると、本サイトを縦書きで運営する利がないように思えてくるけれど、一応のポリシーはある。

電子書籍は、テレビ電話と似て人の心を掴まず終いになりそうだが、本サイトは、「ウェブ上にある本」を目指している。

「本」には、雑多な(総合的な多くの)情報はない。それらは「新聞」または「雑誌」が請け負う。
「新聞・雑誌」はウェブ上で凡そポータルサイトやオウンドメディアにあたるだろう。
「本」の役割をウェブ上では本来「電子書籍」が請け負うはずだったが、イマイチであった。

本サイトは、電子書籍が請け負うはずだった「ウェブ上にある本」を目指している。

総合的で雑多な情報ではなく、「個別的な情報」こそ「ウェブ上にある本」の領分のはずだ。
局所的、個別的な、「活字を読ます」コンテンツという在り方は雑多な佇まいではいけない。

著者