欲しく欲しくなく欲しく

無目的の心許なさ、切実に、縛られたいと願う相反する目的に吊されて、ぼくらたそがれに憧れた。

理想にも、正しく抗い、くすみのない思考を汚さないように抱いた。

海のようなセックス、言葉は泡となって、肉片を手繰る。

感動と虚無の波が互い違いにやってきて、尚もたそがれに憧れる。

著者