夢テキスト

二度と同じものが書けない
もう一度見たい夢のように
振り返ると印象は残っていて
余韻は倍音になって
ほつれていって
テキストは
寂かな熱を放射し続ける

著者