朝になれば

おはよう
昨日をつなげる
常識に
敗走する
いとおしさを
紡ぐように
息を吸い
でも
これは掛け違えたボタン
今日もねぐせがぴょんと立っている・・・

著者