世の賞の多くは特定の選者がいて、客観性があるかどうか実際のところわからない。それらは選挙ではない。

日本タイトルだけ大賞は審査員こそいたが、多数決で選挙さながらだったけれど。

それは政治的とも言える。一方で、選者の鶴の一声やコミュニティのしがらみた選考もある種、政治的と言えるだろう。

著者