ぼくのやろうとしていること

難しいことを平易に書くのが良いとされる。平たく書いていたら、感触が退屈になることもある。アクセントで難しい言葉を使う。次第に感覚で文を噛む。意味がないより味気ないのを拒むようになる。無意味が心地よくもなり、無意味に意味を想起するいたちごっこで、なんか分かる気のするものを書きたい。

著者