ロールケーキ

無自覚な毎日が記憶を薄く伸ばしてロールケーキになる。それを食べたら、思っていた以上に甘くって。記憶だけになってしまうけれど、自覚的な、ね。そうして、毎日は毎日で、毎日過ぎるけれど、毎日でしかなくて。たしかにぼくも時々、甘いケーキが食べたくなることがある。

著者