プラグマティズム

おとこの美風は忍耐かもしれないけれど、ただ我慢するだけなら、それはまぬけなわけで。プラグマティックに考えて生きていたい。つまり、おとこの美風はアタマよくなきゃならないってこと。偶像的かっこよさではなく、現実的にはダサくてシブい部分に裏打ちされている自然体のやさしさ。だと思う。

著者