言語の質量

質量の重みで浮き沈み、層になって見えるのは、なにも現象ばかりではない。ひらがなの軽さは、羽。質感の上では表層に浮かび、意味は深く浸透する。カタカナの角質は、鉱物のかさばる欠片で、かつては音だったが、意味を帯びようと結晶しようとしている。漢字は概念の博物、意味は端正に並べられた。

著者