好きについて2

好きというのは、嫌なことが許せてしまうことのような気がする。もちろん、嫌なことは嫌だ。それは気をつけないといけない。それでも、許せないことも出てくると思う。良くないから直してよ。ということも。今までうまくいかなかったことすべてには、メッセージが隠されている。そのメッセージを汲み取ることができないなら、ぼくは好きになる権利があるにせよ、愛する資格がないのだと思う。それに気づいて、表現して伝える。絶対に伝えなくちゃいけないし、そう努力しなくちゃいけないんだ。そして、今度はぼくが気づかせてあげたりしていったり。本当に大切な心のやりとりがなければ、むなしいだけなんだ。ぼくは好きなものは好きだ。ずっと好きだ。嫌いになる必要なんてこれっぽっちもない。ただ、やはり愛するには相応の作法が要る。

著者