蟷螂

あの灯のひとつひとつに人が住んでいて、そのひとりひとりはそれぞれ何かを考えている。うれしいかい?かなしいかい?それとも考えるのをやめてしまったろうか?想像しているよ。たとえば、きみのことを考えるのと同じように、みんなが夜の夢に向けて溶け出すことを。そこに過去も未来もあることを。

著者