コルトレーン

夜を走ると、瞬くリズムは、並ぶ、フラスコの氷水、点滅する、窓ガラスに、反射する、脈拍が、実在を蹴って、スクリーンに、表象する、コルトレーン、滑走する、裸体は、剥けていく、たましいに、滲んでいく、吐息と、目合ひ、ここかしこ、ここかしこ、空洞の音階を、奏でているのを、見送っていった、

著者