視界

線と円で囲われきった視界から、ほどかれるように願っている、裾野を開いて、空が広くなって、余白ばかりになって、そこでありったけの虚無に打ちのめされる戯れを、はぐれないうちに見出すことはできたろうか?

著者