ことばのない世界に行きたいよ

ことばを知ってしまったから、いつか、ことばのない世界に行きたいよ。詩の成功が、仮にそれなら、子宮に戻るような話だ。あたりまえだけど、みんな歳をとっていく。自然へ還っていくのに、ことばはかさばって連れだてやしない。でも、ことばではない、雰囲気に該当する何かは、ずっと伴うのだと思う。

著者