まひるのまど

線の反りと空間の焦らしがじゃれあってあきないふゆの終わりの春の頃・・・
やさしいスープに溶けたわたしのかこは、ゆるやかなまひるにまざる雲・・・

著者