はるのあいさつ

かたちに なるまで いきをひそめた、ひかりに なった あとの かげの たたずみの、いくらかのこったそのかげを、しのんでいる はるの あめの あいさつは、うすいそらの こいにおい、かさうらから ふわりふく そよかぜの うたを、あつめている さかみちのような じかんを まちわびていた

著者