あいさつする 舟 は また 塔 に なる たくさん の うた は たった ひとつ の わだつみ に 溶けて、あいさつする カモメ は また 空 に なる はまやらわ の はらわた の やわらかな、あいさつする 砂 は 足 に なる 踏む と 包む ミュート の 声 を たしかめる

著者