星野源

女の子が星野源の話できゃーきゃー騒ぐのを横目に、あんなカマキリみたいなやつのどこが良いのだろうと嫉妬していたんですが、音楽聴いているととってもセンスがあるし、言葉選びもこだわりを持って臨まれていて、悔しいけれど、売れるだけあるなあと感心したりするわけです。そういうものっていっぱいあるけど、だからと言って、好き好んで最近ぼくが聴くのは、youtubeで見つけた無名のアーティストとか相対性理論のファーストアルバムとかなんです。だから、まあ売れても売れてなくても、古くても新しくても、個々人としてはさほど重要ではないと思うわけです。が、売れるとなると、ぜんぜん所縁のない領域の人びとの認識まで食い込んで、いわれのない嫉妬などを買われるものだということは言えるはずです。だいたい僕だって、まわりが星野源などをカラオケで歌って踊るまでは意識したことなんてなかったのだから、人間の社会というのは、なんてことない平和が実に物騒なものです。

著者