ふざけろ

仕事で疲れているのか、帰りのコンビニでシュークリームを買った。長い文章を書きたくない。ぼくは、仕事中はなるべく出来る範囲内でふざけることを義務化している。真面目であることが美徳であるというのは単調な常識で、実は、どれだけふざけられたかが重要なんじゃないかと、わけのわからないことを考えているのです。結果、うまくいけば良いのだけれど。

著者