絵を描いている

この数ヶ月で、自分の絵に於けるスタイルが確立してきたような気がする。何に苦心するかというと筆致からなるだけ理性を排除しようといった意識である。反対に、申し合わせのように自らの意識に課していたことがあって、それは安易ならざる方角に敢えて線を逸らせて、線自らに活路を問いかけるよう仕向けてもいた。結果、歪な緻密さをもたらして、それを踏襲したものがスタイルのようになっていった。ここでは、心の自由さのようなものが直観的な描写をもたらすのであって、それを振り返るたび、直ちにその成功に喜び、或いは失敗に打ちのめされるのである。どうすれば、面白い絵が描けるだろうか。このくだらない質問を失礼と承知で飯塚くんに伺おうかと思う。おそらく、彼はくだらないことを言って何も言わないに努めるだろう。

f:id:kkk283:20170512064121p:plain

著者