カゲノヒカリ

素粒子を描くうしろ姿の夏、明るい昼;部屋の奥、時計;陰を落として濃くなった;風景が聴こえる、古びたバス停;待ち侘びる場所; 胸の鼓動;空の青さ、陰の光を飲みほして天気雨;虹の倍音;泣いてるような渇き、手を差し伸べて;掴まえて;振り向いて;こんなにも近づいてしまった;息の熱;或は汗

著者