モノトーンノート

大学ノートにしきつめられた時間のモルタル,いとおしい文字と余白に飛ぶ,リップ,においの眼ざしの刺さり,白昼が夕方,交差して浮かぶ,シアン,モノフィルム,(たしか)写したかったのは,写らなかったものだったかもしれない,それを知っていて,尚,これみよがしに,見えている側の傍にあった,

著者