パーソナル

たったひとりかふたりかそこらのために。あるいはじぶんと。そういう純粋なパーソナルがいつも普遍なのだと信じているけど、信じてくれとはもはやこちらからは言うこともない。

著者