びゅーてぃふる

けれど、うつくしさは、しあわせとは、いっしょになれない、それで、かなしくいきるのは、うつくしくもなかった、やがて、げんざいをものにできるとき、いっさいは、はじめから、ありはしなかった、ずいぶん、はなれた、とりのめで、みえたものは、むかしのひかりなのであって、えいえんのなごりを、ふくんでいる、いつになくじょうぜつな、ちんもくなのだろう

著者