群青日和

このままとおい夢のなかでなにか言おうとしている。音の膜のうちに夕もやを晴れた群青で割った空隙に。咽になろうとするささやかな飛び込みに。まばたきを撫でるにおいを確かめている。

著者