なにもないような気がする

もうすぐです。まだ、もっと先で、ずっと以前です。なにもない代わりの、なにかを、あちらから、こちらへと。目が覚めたのですか? 起きぬけの、知っているような、ここに。いま、それはほんとうに、ほんとうなのですが、たしかめようとしたのです。どうやってか、けれど、思う。あらわれようとした。

著者