ほんとうになる

ことばにならないところに本当のことがある。そういうふうに思うことがある。それをことばにして歪めてしまうことがたくさんある。ことばにしないことで本当のことが残ることもあればいい。そうしたら、ぼくはなにをことばにできるのだろう。そんなことを考えている。

著者