かなしみについて

だれもいなくてこごえていて、ぶつかりにいった、町へ。(きこえたいとおもった。/ みえたいともおもった。)そうおんによりかかって、よってたかって、みえすいている。かくれているのに、みつけてくれなくて、鬼をさがしにいく。さわってほしいものにさわりたいから、あいにいくのに、にげていく。

著者