新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。何をお願いするかと言いますと、程よく見守ってほしいのです。で、今年は二十代さいごの年ですから、何か節目のモニュメント的なものでもできればよいのですが、いまの段階ではまだ気持ちが充実していないので、時が来るまで詩に関しては寝かせつつ粛粛とやってまいります。それよりも、身体の線が細いコンプレックスとそれに伴った体力のなさは、間違いなく今後のぼくの人生の幅を狭めていくことは明らかなので、本年は肉体の強化に努めることを第一目標に決めました。食や筋トレ、ヨガなどに取り組みます。それから、これも長期目標ですが、会社を退職して独立を目指そうと考えています。しかし目下、詩集の売上ではてんで生活が出来ないものですから、ビジネスとして取り組めるものを考えています。そこで考えているのは、喫茶店とかブックカフェ、それに類するものの起業です。お正月はそのビジネスモデルを検討していたのですが、これも儲けが出づらいとシミュレーションを経て分かってきました。本年はその点をよりリアリティを持って象っていこうと考えています。どうぞ、皆さま今年も生きてまいりましょう!

著者