あかるい

うしなうことでしか しりえないことは ようやく ほんとうのことで あるいは ざんこくなことで たくさん あたえて たくさん うしなって きがつくことが どんなに かなしく あるいは うつくしいか

著者