子どもだった

子どもだった、寝過ごした列車、車窓から遠のいていく朝が、もうこんな時間と、いとおしみは、保存される、瞬間に、すっかり、大人になったそのあと、いったい何になれるだろう。

著者