春ローファー

ベージュである青はアルト音域でローファーを呼ぶ。 なにもかも脱ぎ捨てている眼差しになれる。ワイシャツは汚されるのを待っていていっそう白の濃さに身を任せる。花ぐもりの目をこすって空中のほころびを巻いている。

著者