AO

ぼんやりしていた。たぶん、みとれていた。それで、たしか透明に代わることばを探して、しばらくそれをAOと呼んでいた。それはたしかなことではなかった。はるに生きていたと話すとおもう。

著者