日記

日記。4月は京都と岩手にいく。近況を書くと、ぼくは相変わらず靴への執着が強まっていく一方である。お花見の誘いはすべて断った。(するならもっと恥ずかしいくらいに忍んでしたい)一年前に書いたものなど遡って読んだりして、いまのぼくと同一人物であることを確認して何故だかひとりで微笑った。

著者