音楽が出たがっていて

自意識を抜いた祈りの体位( 無防備。 )まっしろになった分だけ夜が深まる。とどまっている魂が、通過する凡ゆる日々の灯りに触れて震える。( 本能は、たしかに、イメージで殴る。) 忘れてしまうのがこわくてことばを覚える。愛するために名前をつける。

著者