ひとり遊びの衰えを持ちなおす

この連休は、家にいて詩集の作業を行なっている。集中力が切れると、近所のスーパーで食材を買いこみ簡単な料理を作って食べる。それから、池袋方面や新宿、中野あたりもすぐ出れるので息抜きに繰り出している。そして、ついついささやかな散財をする。朝が来て夜が来る。こう何日も自分のためだけに時間が作れることの幸せを噛みしめる一方、ストレスフリーであることがストレスになるという哀しい現実に早くも気付かされた。そのためか、ストイックになろうと焦りそれをストレスとしようとする意識の影を認めた。不器用でいけない。

著者