あのころは、においだった。 それはつまり、鼻であり、嗅覚だった。ひいては、脳がぷかぷか浮いていた。脳の居場所が、画面の中へと移ると、においではなく思想の絵になっていった。それは、モニュメントではない。多分に不確実性を孕んだ異次元との対話だ。いつかテクスチャから匂いを引き出す日がくる。

著者