ようやく10パーセント詩というものが分かってきた

毎度、おかしなことを書くようですが最近ようやく詩というものが何なのか掴めてきたのかなと思います。これは謙遜ではなくいまだ9割よくわからない感覚なのですが、長く詩の探求をしていることでこの世界に順応してきたようです。なにがどう分かったかというのはうまく言えませんが、永らく読めなかった現代詩がある程度読めるようになったというか、面白いと思えるようになったというか、そんなようなことです。勿論、全部が全部そうではなく全体の中のほんの一部分です。

著者