アレコレト

カップに残る珈琲半分くらいこれはつまり冷めてしまっていてそれをなくすためにとてもゆっくり費やしていくものがたりの一角に根を下ろせないままたくさんの途上を忘れていくなりかけのかたちが華やいで窄んでいって季節を運ぶもう何度目か数えるのもやめてしまいふと窓の外に目をやる。

著者