羽田空港

空を飛ぶのである。自分で航空券を予約をして搭乗手続きを行うのが今回はじめてであるから、とても緊張する。十年ぶりに空を飛ぶのだ。羽田で見る飛行機は、新幹線を膨らませて羽を生やしたように見える。あれが、走ってはぐんぐんと飛んでいくのを見るのはなんとも言えない。ああやって、あちこちに飛んでいく。夕方の飛行場は、もの憂げだ。蝿のようにも見える。これより山口宇部空港へ飛ぶ。

著者