東向日

今週は京都に滞在した。宿は、大宮にとって、わりあい快適に過ごせた。しかし、大雨が尋常ではなくて仕事先の東向日では緊急のアラームが頻繁に鳴って桂川の氾濫が絶えず気になった。結果、ことなきを得て仕事を終えたがこういう自然現象との遭遇は緊張感があって、みな一様に興奮状態になるものだ。

いちばんの損害は、お気に入りのレザーソールの革靴が雨で傷んでしまったことだ。予備の靴を持って来れば良かったがあとの祭りだ。全国では十二人が亡くなったり何十名も行方不明になったり町中水浸しになっていることを思うと、自分の損害はなんてことのないほど軽微と言わざるを得ない。被災された方にはこころよりお見舞い申し上げます。

著者