手放した いとおしい残り香をたずさえて 見馴れた景色を蹴る  融解や気化の現象に棲んでいるかなしみの一種のつらなりが ゆらゆら 通うひかりの出口を手わたす上り下りの舟人のやすらいをずっと以前から探している

著者