裁かれる

ことばで望み得るものは

自らが望んでいたものとは異なる。

けれど、ことばという現実は残る。

少なくとも。

無形のオブジェは

不思議な

チカラで

自らの美を裁くだろう。

著者