せいひつな象

もう会えないものとの出会いが

やさしい音ならば

ことばも知らず言いあてられる

いつもながれに浮かぶ意識をつまんで

もて余している

時々、雨のように

せいひつが象になるとして

著者